ホーム JSFF 6th juries:審査員

JSFF 6th juries:審査員

ミラン・トドロヴィッチ(映画監督)

wait prease....
ミラン・トドロヴィッチ(映画監督)

今関あきよし(映画監督) Akiyoshi Imazeki

Japanese director and one of the outstanding suporters of Japanese - Serbian friendship and cultural
exchange. Directors of many short movies and feature-length films. To Belgrade movie lovers known as
director of movie “Laika” which had official premiere in KC Grad.
日本の映画監督。セルビアと日本の心を映画を通して深く結びつける事に貢献されています。
「カリーナの林檎~チェルノブイリの森」「クレヴァニ、愛のトンネル」等近年は海外での撮影も多数。モスクワを舞台にした『ライカ』は2017年8月ベオグラードにて上映された。台湾を舞台に撮影された『恋恋豆花』が来年公開予定。
Akiyoshi Imazeki

サンドラ・ぺロヴィッチ(映画評論家)

サンドラ・ぺロヴィッチ(映画評論家)

大島 葉子(女優)

Former model, movie actress with respectful international experience. 
Her career was carved with very demanding roles which required deep understanding of the characters, often facing scenes of great audience awarness potential. 
On foreign auditorum, she was screened in the movie “HANEZUNOTSUKI”, direceted by Naomi Kawase, shown at the 64th Cannes International Film Festival as the main competition participant.
Most significant work:Heaven’s Story, directed by Toshihisa Sese,Dirty Hearts, directed by Vicente Amorim, Intermission, directed by Naohumi Higuchi, Silence, directed by Martin Scorsese, etc.
河瀬直美監督作品作品『朱花の月』で主演し、カンヌ国際映画祭コンペテイション部門に正式招待を受けた。そのナイーブな個性は国内外で注目を浴びている。
また自らが監督した映画『笑ひ教』は山形国際映画祭で山形市長賞を獲得。 
代表的出演作品に「沈黙 -サイレンス」監督:マーティン・スコセッシ、「愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜」監督:田尻裕司
「朱花の月」監督:河瀬直美、「ヘヴンズ ストーリー」監督:瀬々敬久等がある。
Hako Oshima
お問い合わせ