ホームJSFF 5th juries:審査員

JSFF 5th juries:審査員

ミロスラヴ・モンチロヴィッチ(映画監督) Miroslav Momčilović

Serbian director and screen writer. During his fruitful career he produced and directed a number of famous
movies of Serbian cinematography: “Smrdljiva bajka”, “Smrt čoveka na Balkanu”, “Čekaj me, ja sigurno
neću doći”, “Sedam i po” and many others.
セルビアの映画監督、脚本家。
「臭いおとぎ話」「バルカン男の死」「私を待て。私は決して来ない。」「7と半分」等、数々の有名作品を監督、プロデュースしている。

Miroslav Momčilović

今関あきよし(映画監督) Akiyoshi Imazeki

Japanese director and one of the outstanding suporters of Japanese - Serbian friendship and cultural
exchange. Directors of many short movies and feature-length films. To Belgrade movie lovers known as
director of movie “Laika” which had official premiere in KC Grad.
日本の映画監督。セルビアと日本の心を映画を通して深く結びつける事に貢献されています。
「カリーナの林檎~チェルノブイリの森」「クレヴァニ、愛のトンネル」等近年は海外での撮影も多数。モスクワを舞台にした『ライカ』は2017年8月ベオグラードにて上映された。台湾を舞台に撮影された『恋恋豆花』が来年公開予定。

Akiyoshi Imazeki

大島 葉子(女優)

Former model, movie actress with respectful international experience. 
Her career was carved with very demanding roles which required deep understanding of the characters, often facing scenes of great audience awarness potential. 
On foreign auditorum, she was screened in the movie “HANEZUNOTSUKI”, direceted by Naomi Kawase, shown at the 64th Cannes International Film Festival as the main competition participant.
Most significant work:Heaven’s Story, directed by Toshihisa Sese,Dirty Hearts, directed by Vicente Amorim, Intermission, directed by Naohumi Higuchi, Silence, directed by Martin Scorsese, etc.
河瀬直美監督作品作品『朱花の月』で主演し、カンヌ国際映画祭コンペテイション部門に正式招待を受けた。そのナイーブな個性は国内外で注目を浴びている。
また自らが監督した映画『笑ひ教』は山形国際映画祭で山形市長賞を獲得。 
代表的出演作品に「沈黙 -サイレンス」監督:マーティン・スコセッシ、「愛しのノラ〜幸せのめぐり逢い〜」監督:田尻裕司
「朱花の月」監督:河瀬直美、「ヘヴンズ ストーリー」監督:瀬々敬久等がある。

Hako Oshima

高山隆一(東京工芸大学教授) Ryuichi Takayama

Professor of Visual Science on Tokyo Polytechnic University Faculty of Art. One of his famous thesis is:
“Consideration for writers 2: Theory for autobiographical movies”. Movie works: “Rouge”, “Let’s go dark”,
“Nitrate” etc.
1963
年埼玉県出身。

東京工芸大学芸術学部映像学科教授。大学学部、大学院にて映画理論、映画史専攻。

主たる論文「作家への考察 イタリアルネサンス工房とハリウッド・スタジオシステムを通して」「作家への考察2 自伝的映画のための小論」他。

主な映画作品「Rouge」「暮れていく」「NITRATE」他

Ryuichi Takayama

犬神 明(ミュージシャン) Akira Inugami

He assembled "Inugami Circus-犬神サアカス團 1994. He was influenced by Syuji Terayama, a Japanese playwriter. He and his members wear white make-up and perform hard rock music which has a theme of the darkness of a human mind. 2006, his band signed for a major record label. 2010, Performance in Dallas, TX, USA 2015, Performance in “The letter to the underworld - Meido eno tegami -" Terayama Syuji’s 80th anniversary. 2018, He released his 23rd album "Tokyo2060". He teaches younger drummers at Yamaha Music school and he is also dedicated to raising them.  
犬神明(いぬがみあきら)ロックドラマー
1994年に結成された犬神サアカス團のリーダー。作詞作曲。ドラムス担当。
(「犬神サアカス團」は独特の世界観をもって圧倒的なパフォーマンスを見せる
日本のロックバンド。) 所属事務所オフィス・キンメダイの代表。
寺山修司に影響を受けた白塗りメイクで心の闇をテーマにしたハードロックを演奏する。
2006年メジャーデビュー。 2010年テキサス州ダラスにて海外公演。
2015年、寺山修司生誕80年記念音楽祭「冥土への手紙」出演。
2018年、通算23枚目のアルバム「東京2060」を発表。
ヤマハ音楽教室ドラム科講師として若手ドラマーの育成にも励んでいる。
アングラ評論家、FMラジオパーソナリティ、都市伝説ライター等、幅広く活躍中。
2000年、ドラム教則本「超入門ロックドラム塾」を出版。

Akira Inugami

ウダ タカキ(俳優)Takaki Uda

Stage and movie actor. Screenwriter of theater play "Taizo".
This young Japanese actor has been part of numerous featured film in modern
Japanese cinematography.


大学卒業後、奈良橋陽子主催・UPSアカデミーにて演技を学ぶ。
『THE WINDS OF GOD』『Dream of Passion』など奈良橋演出の舞台に
出演。

また戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の半生を描いた一人芝居『TAIZO』は出演
のみならず自ら脚本を手掛けた。

その後、故若松孝二監督『実録連合赤軍〜あさま山荘への道程〜』の出演
を機に映像作品へ活動の場を広げ、
白石和彌初長編『ロストパラダイス 
イン トーキョー』へ準主演で出演以降、白石組常連俳優に。

Takaki Uda