Japanese Serbian Film Festival

第二回 受賞作品 (2015)

2015テーマ 「IDENTITY」

●ベストフィルム・アワード 
佐藤 懐智 - ダイナミック・ヴィーナス

正義の女神は夫に殴られる弱い主婦、でも正体は宇宙人。暴力による正義、正義による暴力、その真実が明かされる。 

●テーマ IDENTITY賞 [Serbia]
Vladimir Tagić (ウラジミール・タヂッチ)
 - Stevan M. Živković (ステヴァン・M・ズィヴコヴィッチ)

生きている本人が訴えても新聞テレビの訃報を人は信じる。死者の方が自由かもしれないと、ステファンはのんびり釣りを楽しむ。
 
●テーマ IDENTITY賞 [Japan]
斉藤 工 - 半分の世界 

母を亡くしてから眼帯をしたままの女子高生は、机のラクガキで夜間に通う車イスの青年とピュアな会話をする。 

CONTACT

ABOUT

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP