東京上映会 2019年1月26日、27日、渋谷Loft 9にて。
両日 Open 17:30  Start 18:00
チケット ¥1,500 (Drink 別) 二日通し券¥2500 (Drink 別)

*チケットのお申し込み方法
info@jsffticket.comまで
1.日にち 2.お名前 3.人数 を、メールタイトル「上映会予約」でお送りください。
 JSFF -日本セルビア映画祭ー

5th JSFF 東京上映会 プログラム発表

お待たせいたしました。
東京上映会のプログラムを発表致します。

1日目(1月26日)
17:30:00 0pen
18:00:00 開会の言葉
18:05:00 Opening act [101A & Jaksa] ライブ
18:25:00 Musical Traumas _Muzicke Traume
18:38:00 カップケーキ Cupcake
19:14:00 休憩
19:19:00 EARTH 2.0 -Zemlja 2.0.
19:35:00 優しい日常 Ordinary Everyday
20:04:00 審査員によるトーク
20:34:00 いないいないばあば iPeek-a-boo *Japan Vision賞
20:42:00 Wings and Things -Krila i stvari
21:01:00 休憩
21:06:00 HIDE AND SEEK -Žmurkev  *Serbia Vision賞
21:22:00 やさしい雨 Sweet Rain
21:49:00 終わりの言葉
2日目(1月27日)
17:30:00 0pen
18:00:00 始りの言葉
18:03:00 Adio Sole 推薦
18:26:00 the Vine -Lijana
18:56:00 休憩
19:01:00 Pink -Roze
19:22:00 春 Spring *BEST FILM賞
19:52:00 声 Voice
20:05:00 休憩
20:10:00 審査員によるトーク
20:35:00 The SAME -Isti  *功労賞
20:56:00 GILLS-鰓-Škrge
21:17:00 陳腐な男 A BANAL MAN
21:35:00 表彰式
21:45:00 総評
21:50:00 閉会の言葉

5th JSFF 東京上映会での上映作品決定

5th JSFF 東京上映会での上映作品を発表いたします。
Here is the lineup of screening in Tokyo.

2019/01/26 Sat & 27 sun
LOFT9 Shibuya

https://www.jsff.jp/cont10/34.html

セルビア作品
●Wings and Things -Krila i stvari 監督:イェレナ・ガヴリロヴィッチ&ステファン・ジョルジェヴィッチ Jelena Gavrilović & Stefan Đorđević
●THE SAME -Isti 監督:デヤン・ペトロヴィッチ Dejan Petrović
●HIDE AND SEEK -Žmurke 監督:オグニェン・ペトコヴィッチ Ognjen Petković
●Musical Traumas _Muzicke Traume 監督:ミローシュ・トミッチ Miloš Tomić
●EARTH 2.0 -Zemlja 2.0 .監督:イゴール・スタノイェヴィッチ Igor Stanojević
●Pink -Roze 監督:タマラ・トドロヴィッチ Tamara Todorović
●GILLS-Škrge 監督:ニコラ・ズドラフコヴィッチ Nikola Zdravković
●the Vine -Lijana 監督:イヴァン・ジューロヴィッチ Ivan Djurović
●Adio Sole 監督:エリザベータ・ミュジッチ Elizabeta Musić

日本作品
●カップケーキ Cupcake 監督:張 大尉 Zhang Dawei
●優しい日常 Ordinary Everyday 監督:湯浅 典子 NORIKO YUASA
●声 Voice 監督:串田 壮史 Takeshi KUSHIDA
●やさしい雨 Sweet Rain 監督:岡田 真由子 Mayuko Okada
●いないいないばあば iPeek-a-boo 監督:白石 慶子 Keiko Shiraishi
●春 Spring 監督:大森 歩 Ayumi Omori
●陳腐な男 A BANAL MAN 監督:袴田 くるみ Kurumi Hakamada

日本とセルビアから本当に素敵な16作品が結集しました。
是非観ていただきたいです。

5th JSFF program

Please download from here!

第五回JSFF上映会

両国での上映会の情報が公開されました。
ベオグラードの方は上映作品が発表されております。
右の画像をクリックしてください。

ベオグラード上映会
https://www.jsff.jp/cont10/33.html
東京上映会
https://www.jsff.jp/cont10/34.html
Facebook
https://www.facebook.com/japanshortfilmfestivalserbia/

第五回JSFF審査員発表

第五回JSFFでは
日本とセルビアから6人の審査員が選ばれています。

年々応募作品のレベルが高くなっており
審査もより難しくなりつつある中
本当にセルビアと日本の皆様にお見せしたい
優れた作品を選ぶために多大な労力を惜しまず注いでくださっています。
審査員紹介ページをご覧ください。

reditelj Miroslav Momčilović, reditelj
Akiyoshi Imazeki, profesor vizuelnih nauka Takayama Ryuichi, glumica Hako Oshima, glumac Takaki Uda i muzičar i autor Akira Inugami.

Žiri JSFF 2018 će dodeliti nagradu u tri kategorije:

Best Movie (Overall)
Best Serbian Vision
Best Japanese Vision

Zahvaljujemo se ovom divnom timu istaknutih profesionalaca na predanosti zadatku. S obzirom na broj i
visok kvalitet filmova iz selekcije zadatak nije lak.


今関 あきよし (映画監督)
大島 葉子  (女優)
ウダ タカキ (俳優)
高山 隆一 (東京工芸大学芸術学部映像学科教授)
犬神 明 (ミュージシャン)
ミロスラヴ・モンチロヴィッチ (映画監督)

3つのカテゴリーで受賞者が選ばれます。

ベストムービー賞(総合)
ベストセルビアン ビジョン
ベストジャパン ビジョン

この場をお借りして、素晴らしい専門的なチームがJSFFに参加してくださることに感謝申し上げます。

第五回日本セルビア映画祭審査員

募集期間延長について extending of submission period

To all movie authors, 
映画製作者の皆様

The SUBMISSION period for #JSFF2018 with the topic "V I S I O N" are extended until 30th of September. We invite all Serbian and Japanese movie authors to submit their movies on following links:

- For Serbian authors: https://www.jsff.jp/cont11/37.html
- For Japanese authors: https://www.jsff.jp/cont11/main.html

Authors, creators and visionaries join us in breaking the limits and borders of vision and creativity. After official selection is announced all authors will be contacted.

VISIONをテーマとする2018年のコンペティションは、募集期間を9月30日まで延長することになりました。

応募を希望される方はこちらから募集要項をご覧下さい。

- セルビアの製作者: https://www.jsff.jp/cont11/37.html
- 日本の製作者: https://www.jsff.jp/cont11/main.html

9月15日の応募期限を目処にご準備頂いた皆様には深くお詫び申し上げます。
既にご応募された方も応募期間内にもしデータやファイルの差し替え等のご要望があれば対応させて頂きます。

公式の審査が発表された後、すべての応募者に連絡をお送り致します。
引き続き皆様のご参加をお待ちしております。

2018年作品募集開始 Open call for submission.

第五回日本セルビア映画祭の作品募集を開始します。
テーマはVISION
締め切りは9/15です。

詳しくはこちら

Call for applications for 5th JSFF.
JSFF2018 theme: VISION|
Applications deadline:15th September

More details
Please check here for more details or write to us in inbox. 

2017年12月 日本上映会より

日本セルビア映画祭(JSFF) 2017 に参加して

栗原飛宇馬

戦争が自分にとっていかに〈遠いもの〉か。それが、2日間にわたる今回のJSSFに参加して痛感したことだった。

オグニェン・ペトコヴィッチ監督の「LOVE」を初めて観たとき、ラストシーンがわからなくて混乱した。愛する妻の目に触れないよう、湖に打ち捨てられた遺体を夜な夜な老人が片付けていた、ということは察せられたのだけれど、なぜ湖にたくさんの遺体があるのか、そこが解せなかったのだ。

昼間、老人が病身の妻と眺める湖畔の風景の美しさもあって、当初、私はこの作品を戦争が終わったあとの物語だとばかり思っていた。途中、ひょっとしてこれは戦時中の話なのかな、と思うようになったが、それにしては倒れている遺体は軍服を着ていない……。

翌日、スタッフの方から、あれは戦争による遺体だと教えてもらった。それも、セルビアの人なら誰でもあの場面を観て、どういうことか察せられると聞き、ようやく自分の勘違いぶりに気づいた。自分は戦争や紛争というものを〈歴史上の出来事〉としてしか感じていなかったのだ。

だから、民間人が無惨に殺されていても、戦争と結びつかなかった。〈民族浄化〉という言葉を知ってはいても、すぐには想像が働かないのだ。そもそも、戦後の物語と勘違いすること自体、終戦後も殺し合いが続く場合があることを完全に失念している。

〈終戦〉とは歴史上の単なる区切りでしかないのに、そこで何もかも終わったかのように思いなしている自分がいることにあらためて思い至った。戦争の〈遠さ〉とは、想像力のこのような欠如のことなのだ。

もちろん、先の大戦から70年を経た日本人の自分と、つい20年前の生々しい紛争の記憶を持つセルビアの人とでは、戦争への実感が異なるのは当然とも言えるだろう。でも、〈遠さ〉の理由はそれだけだろうか。

今泉真也監督の「Mother」は、現代の沖縄で娘を米兵に轢き殺された母親の物語だ。上映後に読み上げられた「沖縄ではまだ太平洋戦争は終わっていません」という監督からのメッセージが心に重くのしかかる。戦争の〈遠さ〉とは、時間的な隔たりよりも、そこに目を向けていないことから来るのではないか。

この映画祭はショートフィルムのみを審査対象にしており、そのこともまた、観客の胸に名状しがたい何かを残す働きをしている。どれも20分以内の短い映画だから「え、ここで終わるの?」と放り出されたような気持ちになることも少なくない。だが、それゆえに観終わった後も物語を何度も反芻し、何が描かれていたのかに強く思いを馳せるのだ。

もちろん、だからといって、物語の背景や作品の意図を正確に理解できるようになるわけではない。前述の私の勘違いなどはまさにその見本だろう。

けれども、上映会を通して私が強く感じたのは、自分がそれら数々の作品と〈同じ時代を生きている〉ということだった。どんなに文化や歴史が異なっていても、それは揺るぎない事実である。

〈同時代性〉の強烈な体験。それがこの2日間で得たものだった。今も時々、その衝撃や余韻を反芻しながら毎日を過ごしている。

(くりはらひうま / 文学研究者)

Moji utisci sa Japansko-srpskog festivala filma ( JSFF 2017.)
Hiuma Kurihara

Tokom dva dana trajanja Japansko-srpskog festivala filma, postao sam bolno svesan činjenice koliko je rat za mene dalek pojam. Kada sam prvi put odgledao film „Love“ režisera Ognjena Petkovića, bio sam zbunjen jer nisam razumeo poslednju scenu. Jasno mi je bilo da je starac iz noći u noć sklanjao razbacane leševe sa obale reke kako ih ne bi videla njegova voljena supruga, ali uopšte mi nije bilo jasno otkud ti leševi tamo na prvom mestu. Zbog idilične lepote tihih obala ade koju su starac i njegova slabašna supruga posmatrali tokom dana, isprva sam mislio da je ovaj film smešten u vremenu nakon završetka rata. U nekom trenutku sam pomislio: „A šta ako je priča smeštena u ratno vreme? Zašto onda tela nemaju vojne uniforme na sebi?“ Neko iz organizacije mi je narednog dana festivala objasnio da se zaista radi o telima žrtava rata. Ne samo to, već kad mi je rečeno da bi svako u Srbiji znao o čemu se radi pri pogledu na ovu scenu, konačno sam postao svesan dosega mog neshvatanja. Do tog trenutka, rat i oružane sukobe sam doživljavao tek kao nešto o čemu možemo samo da čitamo u istorijskim udžbenicima. Zbog ovoga nisam mogao da shvatim da se radi o ratu i pored pogleda na brojne civilne žrtve. Iako znam za pojam „etničko čišćenje“, moja mašta je posustajala u pokušaju da dočaram sliku samom sebi. Zbog ovoga sam prvobitno došao do potpuno pogrešnog zaključka da se radi o posleratnoj priči gde su ljudi nekim spletom okolnosti nastavili da se ubijaju. U nekom trenutku sam zastao i ponovo razmotrio lakomislenost tog zaključka i ustanovio da su prestanci sukoba proste prekretnice u istoriji nakon kojih se malo šta dešava. Upravo je činjenica da je rat za mene nešto daleko ostavila taj slepi ugao u mojoj mašti.

Sasvim je prirodna stvar da postoji jaz u ličnim poimanjima rata između mene, kao pripadnika nacije koja je izašla iz rata pre 70 godina, i Srba, koji još uvek imaju živopisna sećanja na ratni sukob od pre samo dvadesetak godina. Međutim, da li je samo ovo uzrok osećaja udaljenosti od rata?

Film „Mother“, režisera Šinje Imaizumija, radi se o majci čiju ćerku je pregazilo vozilo američke vojske na današnjoj Okinavi. „Rat na Pacifiku se i dalje vodi na Okinavi“ bile su upečatljive reči prikazane na kraju filma. Udaljenost rata nije nešto što bi trebalo da poimamo u geografskim ili vremenskim terminima, već ista proističe iz činjenice da se to odvija tamo negde, ka čemu naši pogledi nisu usmereni.

Samim tim što su prikazani filmovi-kandidati na ovom festivalu filmovi kratkog metra ostavljala je nešto teško opisivo u srcima gledalaca. Naravno, bilo je trenutaka razočarenja kada bi se film završio nakon manje od dvadeset minuta a da gledaoci nisu shvatili o čemu je reč, ali upravo ih je to teralo na ruminiranje utisaka iznova i iznova. Može se reći da ovo predstavlja malu prepreku u razumevanju priča i njihovih preciznih svrha, čemu svedoči zbunjenost o kojoj sam pisao gore. Sa druge strane, kroz ceo festival me je prožimalo shvatanje da ja delim ovo vreme i ovaj svet sa tim mnogobrojnim malim i velikim događajima koji su prikazani u filmovima. Ma koliko nam se kulture razlikovale, ovo ostaje nepobitna činjenica.

Dva decembarska dana festivala u Tokiju su me obogatila intenzivnim poimanjem savremenosti. Čak se i tokom današnje svakodnevice, s vremena na vreme, zadubim u misli i prevrćem po glavi utiske i zaključke sa festivala koji još uvek jasno odjekuju u mom srcu.

Hiuma Kurihara Filolog

 

Hiuma Kurihara 栗原 飛宇馬
日本Taboo賞受賞 [Love] 静かな湖のほとり、暗闇の中響く銃声。そして真夜中にボートを曳いてゆく老いた男。戦争の痛ましさを知る者が最愛の人のためにし続けているこの労働は...。 美し過ぎる景色の中で描かれる戦争と愛。 監督: Ognjen Petković (セルビア) 制作年不明
沖縄は、東京から遠く離れた日本の島。 由美子は夫を亡くしてから、一人で娘を育ててきた。 二人にとって海は身近な場所。毎朝、彼女たちは夜明けを眺める。いつもの一日が静かに始まる。 監督 : 今泉真也 2017年

2017JSFF東京上映会終了

12月5日と6日、平日にもかかわらず多くのお客様がお見えになり、深くて楽しい上映会が開かれました。
今年は何といってもセルビア作品の質が非常に高く、見ごたえがありました。
セルビアの歴史や文化を知らないとストーリーそのものが掴みにくい作品も多くありましたが、セルビア出身の柳田ボバ氏、高橋ブランカ女史、イエレナ・ニコリッチ女史がネタバレに気を付けながら上映の前や後に丁寧に解説を加えてくださったので、理解しながら鑑賞することが出来たのではないかと思います。

本当のタブーとは、一体なんでしょうか。
本当の幸せと同じくらい難しいかもしれません。
色々考えさせてくれた映画たち、本当にありがとう。

ご協力くださった各団体、個人の皆様、そして、お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。

今後は単発上映会を幾つか企画しております。
また、2018年の作品の募集要項は7月を目途に公開されますが、応募その他についてのお問い合わせには通年でできる限りお答えさせて頂きます。

上映会報告のページにも後程追加いたしますが、両国の上映会の様子、みんなが考えたTABOOについてのアーティクルはJSFFのFacebookよりご覧いただけます。

上映作品追加決定

プログラムに若干の変更がございます。
5日の最後にプレ・イベントで上映された「At the Border」を追加上映いたします。

 

上映作品追加決定

プログラムに若干の変更がございます。

5日の最後にプレ・イベントで上映された「At the Border」を追加上映いたします。

 

●本上映会12/5

17:30 会場

18:03~ [A Fine Day for Bananafish]] ステファン・マレシェヴィッチ 監督

18:28~ [お前、本当に梅吉か?] 高山 直美 監督

18:57~ [In the Deathroom/SOBA SMRTI] ネマニャ・ツェラニッチ 監督

19:18~ [Loop] マティヤ・グルシェヴィッチ 監督

19:47~ 日本審査員トークショー

今関あきよし(映画監督)/大島葉子(女優)

20:07~ [傷] 遠藤厚子 監督

20:37~ [Malesh] イヴァン・バクラッチ 監督

21:02~ [Love] オグニェン・ペトコヴィッチ 監督

21:21~ [At the Border/ Na Granici] ローラン・ルイ 監督

ーーーーーーーーーーーー

●本上映会12/6

17:30 会場

18:03~ [Love] デューシャン・ゾリッチ 監督

18:25~ [つれない男] 小川 貴之 監督

18:42~ [Silence/Tišina] ヨヴァーナ・アヴラモヴィッチ 監督

19:00~ [to Sit/Sedeti] アニツァ・ラズナトヴィッチ 監督

19:13~ [手癖の悪い男] 新井貴淑

19:30~ 審査陣トークショー

今関あきよし(映画監督)/大島葉子(女優)

19:50~ [Bon Voyage] シニシャ・ガーリッチ 監督

20:10~ [Mother] 今泉 真也

20:30~ [Kingyo] エドモンド・ヨウ 監督

20:57~ [Love] オグニェン・ペトコヴィッチ 監督

 

セルビア映画解説:高橋ブランカ・柳田ボバ

本上映会 開会時間変更のお知らせ

本上映会の開始時間が変更になりました。
両日17:30会場 18:00開会 となります。
また、12/6に一本セルビア作品が追加されす。

決定プログラムはこちら


●本上映会12/5
17:30 会場
18:03~ [A Fine Day for Bananafish]] ステファン・マレシェヴィッチ 監督

18:28~ [お前、本当に梅吉か?] 高山 直美 監督

18:57~ [In the Deathroom/SOBA SMRTI] ネマニャ・ツェラニッチ 監督

19:18~ [Loop] マティヤ・グルシェヴィッチ 監督

19:47~ 日本審査員トークショー  
今関あきよし(映画監督)/大島葉子(女優)

20:07~ [傷] 遠藤厚子 監督

20:37~ [Malesh] イヴァン・バクラッチ 監督

21:02~ [Love] オグニェン・ペトコヴィッチ 監督

ーーーーーーーーーーーー
●本上映会12/6

17:30 会場

18:03~ [Love] デューシャン・ゾリッチ 監督

18:25~ [つれない男] 小川 貴之 監督

18:42~ [Silence/Tišina] ヨヴァーナ・アヴラモヴィッチ 監督

19:00~ [to Sit/Sedeti] アニツァ・ラズナトヴィッチ 監督

19:13~ [手癖の悪い男] 新井貴淑

19:30~ 審査陣トークショー
今関あきよし(映画監督)/大島葉子(女優)

19:50~ [Bon Voyage] シニシャ・ガーリッチ 監督

20:10~ [Mother] 今泉 真也

20:30~ [Kingyo] エドモンド・ヨウ 監督

20:57~ [Love] オグニェン・ペトコヴィッチ 監督

セルビア映画解説:高橋ブランカ・柳田ボバ

各作品の上映日が決定いたしました。

■プレ・イベント 会場:セルビア大使館 開場18:00 開会18:30
[At the Border/Na Granici]  ローラン・ルイ  17:09 (フランス/題材セルビア)
[手癖の悪い男] 新井貴淑 07:12 (日本)
[Disquiet] エミリヤ ガシュィッチ 24:25 (セルビア)

■12/5 会場:下北沢亭 開場17:30 開会 18:00
[A Fine Day for Bananafish/Divan dan za bananaribe] ステファン・マレシェヴィッチ 25:00 (セルビア)
[お前、本当に梅吉か?] 高山 直美 23:29 (日本)
[In the Deathroom/SOBA SMRTI] ネマニャ・ チェラニッチ 15:16 (セルビア)
[Loop] マティヤ・グルスチェヴィッチ 19:00 (セルビア)
[傷] 遠藤 厚子 24:28 (日本)
[Malesh] イヴァン・バクラッチ 20:00 (セルビア)
[Love] オグニェン・ペトコヴィッチ 13:11 (セルビア)

■12/6 会場:下北沢亭 開場17:30 開会 18:00
[つれない男] 小川 貴之 12:14 (日本)
[Silence/Tišina] ヨヴァーナ・アヴラモヴィッチ  17:54 (セルビア)
[to Sit/Sediti] アニツァ・ラジュナトヴィッチ07:47 (セルビア)
[手癖の悪い男] 新井 貴淑 07:12 (日本)
[Bon Voyag] シニシャ・ガリッチ15:48 (セルビア)
[Mother] 今泉 真也  18:43 (日本)
[Disquiet] エミリヤ ガシュィッチ 24:25 (セルビア) 
[Kingyo] エドモンド・ヨウ 24:20 (マレーシア/撮影地日本)
[Love] オグニェン・ペトコヴィッチ  13:11 (セルビア)

今後も多少の変更の可能性はございます。

最新記事 News & Topics

2018.12.23
日本上映会プログラム発表
2018.12.20
5th JSFF 東京上映会での上映作品発表!
2018.12.04
セルビア上映会まであと二日! Only a couple of day to Serbian screening!
2018.12.04
日本、セルビアの上映会の情報が公開されました。 The information of mail screening has opened.
2017.12.12
上映会終了報告と感謝の言葉
2017.09.11
2017年作品募集終了のお知らせ更新
2017.08.27
NEWS!今年審査陣に参加してくださる女優の大島葉子さんをご紹介。
2017.08.20
募集要項の内容を一部変更いたしました。大変ご迷惑おかけいたします。 We apologize that we changed the contents of the application guidelines.
2017.08.12
JSFF 2017 TABOO – OPEN CALL FOR FILM SUBMISSIONS Japanese Short Film Festival is open for submissions on topic:”TABOO”. In period until September 10th 2017, 24:00h, All filmmakers whom with their films have explored “forbidden “niches of society, cultural and traditional phenomenon’s and personal doubts are invited to submit their work according the JSFF2017 application guidelines download here. Please download from here! The context of TABOO is in wide aspect, thus for JSFF encourages all the authors to send us their work, and represent their authorship, country and messages to the audience of JSFF in Serbia and Japan. JSFF2017 selected works will be additionally invited to submit screening material after Jurys selection is announced. 日本セルビア映画祭(JSFF) 2017 テーマ“TABOO” – 短編映画公募のお知らせ テーマ「タブー」 応募受付期間は2017年9月10日の24:00まで。社会的な隙間や文化的、伝統的な事象に垣間見られる「禁じられた」ものをテーマにした映画、あるいは製作者が個人的にタブーに該当すると考えるものが含まれている映画の応募を受付けます。JSFF2017応募要項とガイドランはこちらから download here. JSFFではタブーの持つ言葉の範囲を広い角度から取り上げます。したがって数多くのクリエーターが、作品中にタブーに触れると考えられる作品をより多く応募できるように、そしてセルビアと日本の観客たちにさまざまなメッセージを伝えられるようにと考えています。 JSFF2017で選ばれた作品は、審査員による審査の後、作品上映会にて上映される予定です。上映が決まりましたらお知らせいたします。
2017.01.20
● 大阪上映会の全作品発表 ● 大阪上映会web flyer公開
2017.01.16
初の大阪上映会決定 2017.2.12大阪 なんば紅鶴 今関あきよし監督セレクト12本+セルビア長編映画「HEAL」を上映
2016.11.17
受賞作品発表報告
2016.11.10
前夜祭プログラム正式発表。12日セルビア料理提供について。
2016.10.24
上映会プログラム発表
2016.09.26
上映会の開催時間や概要が発表されました。
2016.08.04
セルビア事務局の意向により、応募締切が8月31日まで延長になりました。 突然の変更によりご迷惑をおかけ致しました事をお詫び申し上げます。 まだ製作途中の皆様、心からご応募をお待ちしております。
ページの先頭へ