2107テーマ「TABOO」

2017 テーマ “TABOO” –

Japanese Serbian Film festival (JSFF) in 2016 will promote personal, social and spiritual values in film, drama and performance industry by setting award criteria within this year’s topic: “TABOO”.

Since both countries enjoy long tradition, Japanese and Serbian society meets various challenges of contemporary world and how those transitions reflect both societies. Almost every segment of life contains some area, both for Japan and Serbia to be considered as Taboo (Love, Work, Relationships, habits, codes, laws, gender issues etc.). 

JSFF is happy that in previous three events there were many authors responsive on this topic, and we look forward to reach more works for year 2017. 

日本セルビア映画祭では、映画やドラマなどの視覚産業において、個人的、社会的あるいはスピリチュアルな価値に焦点を当てるため、本年度の映画祭のテーマを“タブー”に設定しました。
日本とセルビアには共に長い伝統があります。現代社会における環境と思想の多様な時代にあって、両国でいかに時代の移り変りに遭遇し、対峙しているかに目を向けた時、人は人生の節目の多くで多々出遭う事柄を日本とセルビアの両国の文化観の中で、タブーという視点でとらえてみます。
(恋愛、仕事、関係性、慣習、規則、法律、ジェンダーなど幅広い範囲でのタブーを含みます)


JSFFは過去3回の映画祭で多くの作品が応募され、そのうち多くの著者がこのテーマにも関わる作品を取り上げていたことから、このテーマに自信を持っています。そして2017年の映画祭では多くの応募作品との出逢いを楽しみにしています。
ページの先頭へ